処方薬の副作用による髪へのダメージ

私は10代の頃まで髪が多く艶があり縮毛矯正をかけた時はまるで日本人形のようだと褒められるほど髪には自信がありました。
しかし30代で膠原病になりステロイドと免疫抑制剤を処方されるようになってから副作用で髪がダメージを受けコンプレックスになってしまいました。
私の以前の主治医は髪のダメージはステロイドによるものだと診断し、今の主治医は免疫抑制剤によるものではないかと診断しています。

ニューモ育毛剤は悪評多数?購入して使った私の口コミ&辛口評価!

具体的な悩みは定期的にとんでもない量の髪の毛が抜けることと艶がなくなりギシギシすることです。
私の場合全体的に抜けるのですが特にトップの抜け毛が多く、酷い時は頭皮が完全に透けてしまうほどであり旅行先でも人の目が気になり温泉に入れず深夜に1人で入りに行くほどでした。

抜け毛が気になってから最初はヘアアレンジで工夫し、次にヘアバンドやカチューシャで目立たなくしましたが隠し切れずに帽子を着用、それでも髪のボリュームのなさは目立ちウィッグを着用していました。
数か月そのような状態が続くのですが、しばらくすると抜け毛は減ってきて回復してきます。

回復してきても後から出てきた髪と抜けずに残った髪の間に大きな段差ができてしまい、傷みも酷いので何度髪を伸ばしても切らなくてはなりませんでした。
何年もこのようなことを繰り返しています。
今は比較的抜け毛が減り落ち着いているのですが、いつまた抜け毛が始まるのかと思うと怖いです。