歯に対する意識の変化

私が歯 口内環境に対して気を使い出したのは、社会人になってからのことでした。

ブレスマイルウォッシュの通販最安値は?

元々虫歯が出来やすかった私は、歯医者さんに行くたびに虫歯があります、治療しましょうと言われることになんの疑問も抱いていませんでした。

ところが、社会人になってから通い出した歯医者さんで、「虫歯で削った箇所、セラミックか銀歯かどっちにしますか?」と言われました。その当時私は、昔に治療した銀歯が2本ほどあって、虫歯治療の詰め物は銀歯以外の選択肢はないと思っていました。セラミックに興味をもち金額を聞いて、あまりの高さに驚きました。しかし、社会人になってみだしなみにも気を使い始めていた私にとって、銀歯なんてありえない!と思い、思い切って銀歯だったところも含めて4本ほどセラミックにしました。

それを機に、お金をこれ以上使いたくないという思いから、口内環境を意識しはじめました。

糸ようじで歯の隙間を掃除した後に歯ブラシをして、最後に歯間ブラシで歯茎の掃除をする。

そうすると口臭まで気になってくるので、仕上げはマウスウォッシュです。ここまですると流石にピカピカになるので虫歯にはならなくなりましたが、どうしても朝起きたときの口臭まではどうにもなりません…。あともうひとつどうにもならないのが、膿栓、いわゆる臭い玉です。こまめにうがいをしたりはしますが、定期的にのどから嫌な臭いがしてきて、うんざりします。ポロッと取れた時の爽快感はものすごいですが。