毎日体重計にのるのをやめたらダイエットが楽しくなった。

「ダイエットに成功するためにはまず毎日体重計にのり、意識することが大切」

ダイエットについて調べていると必ずと言っていいほど出会うこの文言。ダイエッターさんは実践している方も多いのではないでしょうか。私もダイエット成功させるための第一歩として毎日体重を測り、自分自身の体重と向き合うことから始めていました。ところが、私はこのときすっかり失念していたことがあるのです。自分自身が最弱豆腐メンタル、情緒不安定女子であることを。

http://librotequiero.com/

毎朝トイレを済ましてから裸になり、体重計に乗る。0.1gでも減ればめちゃくちゃ嬉しくてモチベーションもあがりますが、反対に0.1gでも増えていれば泣きたいくらいの気持ちになり1日中憂鬱になることもありました。

筋トレと有酸素運動もして食事も減らしたのにどうして減らないのだろう。あんなに頑張ってるのにあんなに頑張っているのに。そんな思いで頭がいっぱいになってしまうのです。そのうち、数字の増加を恐れるあまり、食事するのも水を飲むのさえも躊躇うようになっていきました。自分を好きになるために始めたはずのダイエットが心を荒ませ、自分自身を呪うようになってしまう。これでは本末転倒というもの。

そこで私は思いきって毎日体重を測ることをやめました。
代わりに、毎日自分の体を姿見で確認するようにすると、ダイエットへのモチベーションが維持できるようになったのです。というのも、筋トレなどの運動効果は体重よりも身体の見た目への変化の方がわかりやすいからです。筋トレをやった分だけ上がっていくお尻、マッサージを頑張った分だけ浮腫が消え細くなっていく脚。
苦しかったダイエットが一気に楽しくなった瞬間でした。

もちろん、毎日体重を測ることによってモチベーションを保てるという方は継続されることをおすすめしますが、私のように体重計に乗るのが憂鬱で仕方ないという方は思いきってやめちゃえばいいのです。

ダイエットは楽しんだもん勝ち。