高校生の時に悩まされていたニキビについて。

僕は高校生の頃にニキビに悩まされていた時期があります。

ビハキュアの効果と私の口コミ!使い方や肌ざわりなど細かくレポート!

高校に上がってから肌質が油っぽくなり、

部活終わりなど肌がテカテカするようになってきました。

この頃ってちょっとしたニキビとかものすごく気になるんですよ。

なので学校でも授業中とか休み時間とか、

手鏡で自分の顔を写しながらニキビを見て、

「うわ~キモ…」

とか考えていました。

そして気になりだすと、余計にイジったりして悪化させてしまうんですよね。

鏡を見ながら自分の手でニキビを潰したり、

部活で汚れた手でニキビを触ってしまったり。

それが悪化させる原因とも知らずに、イジりまくっていました。

その結果…

顔にはたくさんのニキビが出来てしまいました。

気づいたときにはもう手遅れで、ほほや額の全体にニキビが出来てしまってました。

クラスメイトのサラサラな肌を見るたびに、ものすごいコンプレックスを感じました。

そこからは

「さすがにヤバい!」

と思い、ニキビを消すために、いろんな努力をしました。

…が、これがさらに悪化させる原因になってたとも知らずに。

ニキビを消すために、

・汚い手で顔を触らない

までは良かったのですが、

・洗顔を手で強くゴシゴシ洗う

・一日に何回もあぶらとり紙で強くふく

直したいという気持ちが強いあまりやっていたことが、

さらに悪化させる原因となってしまってました。

今思えば自分でなんとか解決しようとしていたのが良くなかったですね。

皮膚科にいってお医者さんに相談するべきでした。

この頃はクラスで一番ニキビができていたと思います。

ニキビが気になって社交的な気持ちも無くなり、ネガティブになっていました。

親戚の叔母さんが心配して、ニキビ用の高価な洗顔料をくれたこともあります。

そんなこともありましたが、

その後皮膚科に行ってアドバイスを受けたことにより、

きちんとした洗顔方法で肌はきれいになりました。

それでも半年くらいかかったと思います。

ニキビに悩んでいる人、

力技で解決しようとせずに、専門家やお医者さんに相談するようにして下さいね。

時間はかかるけど、そのほうが確実ですよ!