小さな時からぽっちゃり体型の逆襲劇

私は幼少期からぽっちゃり体型でした。どの写真も見てもまん丸で赤ちゃんの時の思い出話をされると必ずと言っていいほど、お肉の間にホコリがすごい溜まってたんだよ?!と話されます。それがトラウマで自分の幼少期の写真も見るのが嫌で仕方ありませんでした。

快糖茶の売り場や効果を徹底調査!購入して3ヶ月使用したアラフォー女子の口コミ暴露!

ですが、私は一人娘ということもありおじいちゃんもおばあちゃんも食べなさいの連発。美味しそうに食べるのがいいんだからそんな体型なんて気にしなくていいのと言われ続けダイエットとは無縁な小学生時代を過ごしました。中学生になりそんなに体型について気にする事もなく生活していたある日、給食中に同じグループだった男の子が私とぽっちゃりな男の子を見比べて「どっちの方が体重重いの?」と聞いてきました。

あ、 私はやっぱりおデブなんだ…とめちゃくちゃ落ち込みました…。その日からは絶対に痩せて見返してやるという決意をして食事制限と適度な運動を始めました。まずはお菓子とジュースを一切やめて無理ない程度に夜ご飯の量も減らしました。そして中学を卒業する頃には平均体重に近づき高校の制服の採寸をする時にサイズをひとつ小さいものに変更になったのが物凄く嬉しかったです。今思えば、デリカシーの欠けらも無い発言をきっかけに自分の事を見つめ直せたのでいい経験だったかなと思います。