食事制限によるダイエットの限界

ダイエットと考えると一番にみんながやってしまうのが、おそらく食事制限ですよね。私も『食べない』イコール『太ることはない』という認識で、とにかく食事制限で手っ取り早く痩せようとしていました。昼のご飯は節約を兼ねてサラダのみにしていました。

確かに即効性はありました。ある程度続けているだけで3キロくらいは簡単に体重が落ちていったのです。

しかし、やはり、食事を制限するのはとても我慢が必要で、とにかくいつも苦痛を伴っていました。お腹がすいても、食べないという選択はとっても苦しいもの。

さらには食事制限によるダイエット効果は、低迷期を迎えるのも早かったです。

いくら我慢していても、体重が落ちないのですもの!どれだけ制限を厳しくしても全然体重が減りません。こんなにつらいことはありませんよね。

しかし、その停滞期から抜け出すきっかけになったのが、ある程度は満たさせるように食べる、ただし、甘いものなどは避ける、そうおうルールに変え、

そして、食べた分は歩こう・体を動かそう!というやり方にしたのです。

最初は極度の食事制限から、食べることにも罪悪感に似たものがありましたが、それを食べた分、動く!という意志にできたことによって、

思いの外、停滞期を脱出できたのです。食べない苦痛ほどつらいものはないので、しっかり食べて健康的にカロリーを消費するほうがよっぽど楽しいダイエット効果が得られました。