せっかくの若見えも白髪でイメージダウン

恥ずかしながら昔から若く見られるタイプで実年齢を教えるとみなさん驚かれることが多いのですが、それも40歳前半まででした。それまで数本しかなかった白髪がどうしたことか一気に増えてしまい美容室でカラーリングをしてもらっても白髪には染まりずらいため余計に目立ってしまいました。

ノ・アルフレを辛口評価!

それから美容室ではカラーリングを白髪染めに変えてもらいましたが、2~3週間すると根元からまた白髪が目立つようになり外出するときは帽子をかぶるのは定番となってしまいました。ただ肌や顔全体が実年齢より若く見られるのは変わらなかったので、白髪が目立ち始めた状態で人に会ったりすると「そんなに白髪があったのね。

」とビックリされ、私自身もそう言われるのがショックで外出する機会も減ってしまいました。美容室に行くたびに白髪のことについて相談をするのですが、こればかりは体質だからと打つ手がないようで落ち込んでしまう日々です。費用もかかるので現在は3週間から1か月おきに自分で市販の白髪染めで染めています

。年齢的には当たり前なのかもしれませんがやはり女性としていつまでも若くいたいという気持ちはあります。これから医学が進歩して白髪に効果があるサプリや薬、ケアヘア用品が開発されるといいなと心から思っています。