昔流行ったやり方らしいのです。

毎日シャンプーをしてお風呂に入っているのに、匂いがついてくる。はじめは部屋の匂いだから仕方がないと思っている部分があったのですが、あれ、これは皮脂の匂いが出てきているのかもと思う瞬間がありました。最近は、美容に中途半端でなにかとめんどくさがりなのですが、インターネットで調べてみると、塩シャンというワードが出てきました。

フッサ育毛剤

シャンプーに塩を混ぜる方法や、シャンプーの代用品として塩を使うことで頭の皮脂を適度に排出してくれる方法です。魚の臭み取りの原理で、頭皮に塩をなじませて浸透圧で頭皮の汚れを浮かせようということらしいのです。かなり前に話題になっていてもうブームが去った方法ですが、手軽なのでやってみようと正式なやり方を何度か探してみると、現代の方法で作られた塩では意味がなく、天然塩を使うことで効果が出るとのこと、普段塩に無頓着な私は98円など安いときに購入していましたが、天然塩は少し高いです。

でも、汚れを排出成分があるのとないのとではやっている意味が変わってきます。岩塩とまでは行かなくても、調理用の白い塩で試してみようと思います。自宅にはすでに塩が2袋にあります。3袋目は料理に、洗浄にと使いたいので、容器も新調しようと思います。